専業主婦でも融資が受けたい。金融機関の選び方と家族にバレない方法。

MENU

専業主婦はカードローンを利用できるの?

一般的にキャッシングやカードローンというと安定した収入がある人に限定されるのでは?というイメージをお持ちの方も多いはずです。それは近年改正されたことで話題になった「総量規制」によるものであると考えられます。この貸金業法の総量規制というものは「年収の3/1以上は借り入れができない」というものであり、収入のない専業主婦ではお金が借りられないというものです。たしかにこの法律では専業主婦は融資を受けることはできません。

 

しかし、この総量規制の対象外である「銀行系のカードローン」であれば所定の基準をみたせば専業主婦でも借り入れをすることが可能です。
利用ができるといっても家族にバレたり、旦那様の勤務先に連絡がいったりしないかと不安に思う方もいらっしゃるはずです。キャッシング・カードローンは内緒で利用したいという人も多いですよね。
そこで、この銀行カードローンを専業主婦が利用する方法や家族にバレない申込・利用の仕方についてご説明していきます。

 

まずは専業主婦でも利用できるカードローンの選び方についてです。先ほど説明したように総量規制のかかる金融機関では借り入れはできませんので、『消費者金融』や『クレジットカードのキャッシング枠』については専業主婦であれば利用できません。
大手メガバンクでも地方密着型のものでも『銀行』であれば専業主婦でも申込は可能となります。銀行は総量規制の対象外であるからです。
しかし、銀行なら専業主婦でも100%審査に通るという訳ではありません。各銀行ごとに独自の審査基準を設けてそれに沿って審査を行っているので、過去の信用情報などがあまりよろしくない場合などは審査が通らないこともあります。

 

今は「専業主婦でもOK」とうたっているカードローンを取り扱う銀行も多く存在します。銀行系カードローンの良さは他金融機関と比べたときの「金利の低さ」です。それにプラスして様々なサービスが各社からでていますので、自分のライフスタイルに応じて銀行を選ぶことが大切です。

 

例えば「みずほMy Wing わたし応援ローン」というみずほ銀行のカードローンであれば、すでにみずほ銀行の口座キャッシングカードを持っている場合であれば即日審査・融資も可能です。
また、ネットバンクの「じぶん銀行カードローン」であれば携帯電話がAUであれば利息が通常よりも優待されるなど、各社様々なメリットがあります。

 

家族にバレないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。まず申込時にご主人の勤務先など記載しますが、延滞など支払が滞ることがなければまず連絡はいきません。本人確認の連絡先も自宅か自分の携帯電話にすれば家族にバレルことはありません。
銀行側もプライバシーは守りますし、家族に内緒で利用したい人が多いこともわかってますので配慮はしてくれます。
さらにバレないようにということであれば、明細をWEB登録して自宅に送られないようにできる銀行を選んだりするなど徹底すれば郵便物から利用がバレル心配もありませんね。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る