クレジットカードのキャッシング枠 利用したことはありますか?

MENU

クレジットカードのキャッシングはお得なの?

いまや大人の人であればほとんどの人がクレジットカードを持つ時代です。一人あたりの平均枚数は3枚ほどとなっています。スーパーマーケットや百貨店、銀行や家電量販店など様々なところでクレジットカードへの入会を勧められることがあります。
カードローンや消費者金融などで融資を受けようか検討されている方の中にもクレジットカードをお持ちの方もいらっしゃるはずです。ご自分のクレジットカードに融資枠がどのくらい付いているかご存知ですか?普段は買い物に利用でき、いざという時はキャッシングも使えるという便利なクレジットカードの機能を改めて考えていきます。

 

まずはクレジットカードは「総量規制」の対象となりますので、年収の3/1以上のキャッシング枠をつけることはできません。専業主婦や学生でもクレジットカードを作れますが、本人の収入がない場合はキャッシング枠は0円に設定されていますし、後から追加することもできません。(但し、申し込み時から属性の変更・勤務を始めた等の場合は除く)

 

まず最初に知っておいていただきたいのは「クレジットカードのキャッシングは金利が高め」ということです。どこよりも高いという訳ではなく、低金利ではないくらいの認識でOKです。平均をとれば消費者金融と同じくらいです。ですので、キャッシング目的で申し込むのであれば低金利な銀行カードローンにするか、無金利サービスなどのある消費者金融の方がお得度は高いです。
しかし、クレジットカードではゴールドカードになると金利が下がる場合もあるので一概にクレジットカードのキャッシングは悪いとも言い切れません。

 

限度額については、少し難しいのですがショッピング枠とキャッシング枠が別々の会社と併用の会社があります。別々の場合でしたら、例えばショッピング枠が50万円・キャッシングは20万円と別れていますが、併用の場合はショッピング枠が50万円で内、20万円まではキャッシングとしても利用できるといったようになっています。上記の併用の場合、ショッピングですでに40万円利用している場合はキャッシングは20万円ではなく10万円までしか利用することができません。

 

返済はクレジットカードの利用と同じ様に毎月請求がきます。金額は一括返済もしくはリボルビング払いとなり、リボルビング払いの場合はキャッシング利用金額によって毎月の支払額は固定となります。申し込み時に設定をしていますので、契約書などで確認しましょう。

 

また、海外のATMやコンビニのATM・提携銀行のATMでもキャッシングの利用が可能です。手数料はかかりますが、いざという時に役に立ちますのでクレジットカードをお持ちの方はキャッシング枠を付けてみるといいでしょう。

 

クレジットカードですので、もちろん審査があります。申し込み時にキャッシングの枠をつけるかつけないか・つけるとしたら希望はどのくらいの金額かなど記載します。審査の結果次第ではクレジットカードは発行されたけれどキャッシング枠がなかったという場合もありますので、注意が必要です。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る