カードローンの申込はこんなにも簡単に!パターンごとに徹底解説。

MENU

カードローンの申し込み方法を知りたい

申込というと対面で書類を記載して行われていましたが、いまではインターネットや携帯電話のアプリケーションなどを使っての申込を行っている企業も出てきました。
そこで最近のカードローンの申込事情をいくつか例をあげて解説していきます。

 

まずは地方銀行などに多い「店頭申込」です。これは名前の通り、従来の方法である銀行窓口にて書類を記載して申込をする方法です。申込→審査→契約という流れで、申込の時と契約の時と2回店頭に足を運ぶ必要があります。実際に窓口のスタッフにいろいろ確認ができますし、書類の記載ミスなども減らせるというメリットがありますが、窓口まで行く時間がとれる方にしかできない方法です。

 

これも銀行に多いですが「申込はWEBや電話・契約は窓口」というパターンも存在します。こちらは先ほどのと似ていますが、申込だけは自宅などから好きな時間にできます。すべてインターネット上で完結してしまうということに少し不安を感じる方はこちらの方法も利用してみてください。

 

つぎにこれは消費者金融がメインですが、「申込はWEBや電話・契約は無人契約機」という方法です。
これは、パソコンやスマートフォンから公式ホームページにて必要事項を記入し申込。その後、本人確認もかねて金融機関から連絡がきます。その際に、無人契約機に誘導されそちらで契約・カード発行ができるというものです。これが一番早くカードを手にいれる方法です。ただ、無人契約機がある金融機関に限られますし、無人契約機が近くにある・営業時間内であるなどいくつかの条件が満たされない場合は利用できないパターンとなります。

 

最後にこれが今の主流です「申込から契約までパソコンやスマートフォンで行う」 これはまさに自分の好きな時間に申込から契約までという今の時代にあった方法です。WEBにて申込を行い、審査結果の連絡を受けて必要書類の送付(会社によっては書類を写真にとって送信するだけでOKな場合もあり)その後自宅にカードが届くという最初から最後まで店舗にもいかずに融資がうけられるというものです。
いまではこれらをWEB上でなく、スマートフォンやタブレット端末対応のアプリケーションで行えるものもでてきています。カメラアプリと連動して確認書類のアップロードなどができるとても便利なサービスです。

 

いずれの方法にしても、申込の際に嘘を記載したり、同時にいくつもの金融機関に申込をした場合は審査の段階でわかってしまいますので絶対にやめましょう。嘘に関してはわかった時点で審査落ちとなりますし、同時申込も審査が通りにくくなりますのでおススメはできません。

 

実際に聞きたいことがある・できれば人にあわずに契約したい・なかなか自由な時間が取れないなど様々な希望・ライフスタイルの違いなどがありますが、申し込みの方法もそれらにあわせて様々な方法があります。自分の希望にあった方法を選ぶことで大変な思いをせずに気軽に申込ができますね。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る