カードローンを契約しよう 必要書類は何?

MENU

カードローンの必要書類とは

いざカードローンを契約しようとなった時に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。公的書類となると用意するのに時間がかかる場合もあります。契約をしに行く前にあらかじめ確認しておきましょう。

 

必要書類は大きく分けて2つです。1つが「本人確認書類」これは申込者の身分を確認するために必要です。そして2つ目が「収入証明書」です。こちらは申込時に記載した職場の情報などと照らし合わせるために必要となります。これら2つの書類について詳しく説明していきます。

 

まずは「本人確認書類」についてです。これは一番簡単なのは「運転免許証」です。顔写真も名前・住所も記載されていますし、免許を取得済みの方であればみなさん手元にありますよね。わざわざ用意する必要もありませんので免許証をもっているのであればこれ1枚でOKです。
運転免許証がない方は「パスポート」や「住民基本台帳カード」・最近のものであれば「マイナンバーカード」など顔写真付きの公的身分証明書が必要となります。保険証などでは受付できません。また、上記の身分証明書もすべて期限がきれていない公的に有効なものに限られます。

 

身分証明書の住所が現在住んでいる住所と異なる場合(住所の変更届手続きをまだしていない・変更後の証明書の発行待ちなど)は、提出する証明書以外にも書類が必要となる場合があります。その際に必要とされるのは「公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)」(本人の新しい住所のもので、名義人が申込者のもの)や「住民票の写し」・「印鑑証明書」などです。
これらは用意しようと思ってすぐに手に入るものではないので、あらかじめ役所にて取得が必要となったり領収書をきちんと保管している必要がありますので注意が必要です。

 

次に「収入証明書」です。これにもいくつか種類がありその中の1つを提出する形になります。しかし、給料明細を証明書として利用する場合は少なくとも直近の2ヶ月分以上が必要となりますのできちんと保管をしておくようにしましょう。
単体の提出でOKなのは、「源泉徴収票」「確定申告書」「所得証明書」「住民税決定通知書」です。これらは会社や役所から決まった時期に私たちの元に届くものなので、今現在手元にないとなると取り寄せるまでに時間がかかってしまう可能性があります。あらかじめ確認しておきましょう。
他にも「青色申告決算書」や「収支内訳書」など普段あまり耳にしない方もいらっしゃるかと思いますがこのような書類でも収入証明書としての役割が可能です。

 

専業主婦でも利用できるカードローンの場合は、配偶者の上記の書類が必要となる場合もあります。配偶者に確認して提出するようにしましょう。

 

必要書類の提出方法や、基準は各社少しずつ異なってきますが基本的には上記の書類を求められることが一般的です。すぐに用意できない書類などもあるので、お金に困った時にすぐに利用できるように前もって大切な書類はきちんと管理しておく必要があります。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る