正社員じゃなくても融資はできる?アルバイト・パートのキャッシング事情。

MENU

アルバイトやパートはお金を借りれるの?

働いているけれど、雇用体系が正社員ではなく「アルバイト」であったり 働いているけれど「パート」として限られた時間での勤務なので毎月の収入が多いわけではない。といったように今現在きちんと働いている場合でも金融機関からのキャッシングが受けられるのかな?と思っているかたはいらっしゃいます。
でも安心してください。雇用体系や毎月の収入額がどうであれ『安定した収入があれば』金融機関のカードローンやキャッシングに申し込むことは可能です。
申込の際に確認する事項やパート・アルバイトの場合の限度額について確認していきましょう。

 

申込についてですが、クレジットカード会社でも、銀行系カードローンでも消費者金融でも『安定した収入』があれば申込はできます。ここで言う『安定した収入』とは『毎月きちんと収入があるか』ということです。たとえば日雇いのバイトで食いつないでいる場合や、2〜3ヶ月に1回しかお給料日がないなどの特殊な場合であると『安定した収入』とはみなされず、審査には通らない可能性が高いです。
アルバイトであれパートであれ、一つの(フリーターさんの場合は2つ3つ掛け持ちしている場合もありますが)会社できちんと働いていて毎月月収として収入があればOKなのです。
いまでは各社「パート・アルバイトでもOK」や「フリーターでも大丈夫」など広告を掲げて宣伝している企業もありますので、安定した収入さえあれば安心して申込ができます。

 

ただ、注意したいのが「高額の利用はできないと思った方がいい」ということです。総量規制という貸金業法では「年収の3/1以上は貸してはならない」と定められているためです。それに加えて、やはり正社員よりもパート・アルバイト・フリーターといった雇用体系の人の方が急に仕事がなくなる(クビになってしまう)可能性が高いと判断される為です。ですので審査に通った場合でも高額な利用限度額では利用がなかなか難しいと思っておきましょう。

 

正社員でなくとも在籍確認はありますので、勤務先に連絡は行きます。契約や派遣アルバイトなどの場合は雇用元か勤務地かどちらに連絡がいった方がスムーズに確認してもらえそうかなどあらかじめ勤務地に確認しておくのもよいでしょう。

 

銀行のカードローンは低金利でお得なイメージがありますが、やはり消費者金融などと比べると審査は厳しめであるといえます。ですので、きちんと返済の見通しが立てられるという場合であれば消費者金融の無利息キャッシングも視野にいれておくのもいいでしょう。
期間内に返済すれば元金のみの支払いでよいというのがこの「無利息キャッシング」です。「アコム」や「レイク」などで行っているサービスなので一度検討してみるのもおススメです。

 

以上のように、申込に雇用体系や毎月の収入の最低額などの基準は一般的には示されていません。信用をもってして融資をさせてくれるという金融機関なのでやはり「安定した収入」というところに重きを置いて審査を行っていますのでアルバイトだからパートだからといって利用を断念する必要はありません。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る