アコム審査在籍確認

MENU

アコムに過払い金を請求したい!そんなとき知っておきたいこと

過払い金とは?
前提として、アコムをはじめとする消費者金融はかつて、「利息制限法」という法律で定められた範囲を超えた金利で貸し付けを行っていました。
そのため、かつて借金をして完済したが、支払う必要のなかった利息まで支払っている人が多く存在するということです。
その支払い過ぎた利息が「過払い金」であり、これを取り戻すために必要な手続きが「過払い金請求」です。

 

過払い金請求の手続きをするにあたって

 

近年、多くの法律事務所や司法書士法人が過払い金の請求を代行する旨のCMを打ち出しているので、
みなさんも一度は目にしたり耳にしたりしたことがあるでしょう。
これだけ多くのCMが打たれている理由のひとつとして、過払い金には対象となる時期、リミットがあることが挙げられます。

 

アコムの場合、2007年の6月18日付で利息制限法に即した金利に改定したので、それ以前からアコムを利用があること、
そして完済してから10年以内であれば過払い金を請求する資格があります。

 

前述のとおり、みなさんが「過払い金」というワードを知ったのは
多くの法律事務所や司法書士法人が打っているCMによるものでしょうから、
過払い金を請求するには専門的な知識をもったプロに依頼しなければならないと思っている方も多いと思います。

 

でも実は、そのような手続きは「自分で」行うことが可能です。
自分で行うことができれば、弁護士や司法書士に報酬を支払う必要はないのでお得です。その方法をご紹介します。

 

自分で行う過払い金請求の実際

 

過払い金請求の手続きを自分で行う場合、特に専門的な知識は必要ありませんし、大きな手間もかかりません。
(この比較的簡単に手続きできるという点も、多くの事務所がこぞってCMを打っているワケだったりもします……コスパが良いのです。)

 

過払い金の取り戻しには、「和解」によるものと「訴訟」によるものがあります。
「訴訟」となるとさすがに専門的な知識が必要となってきますので、ここではアコムとの「和解」のパターンについて説明します。

 

@過払い金の額を知る

 

まずは自分にいくらの過払い金があるのか、正確に把握しなければ始まりません。
アコムに連絡して、取引履歴の情報を書面で得るようにしましょう。それをもとに、過払い金の具体的な金額を算出します。
専用のツールで引き出し計算という作業を行うことで、簡単に算出することができます。

 

A和解交渉

 

アコムのお客様相談センターから過払い金請求の担当者につないでもらい、引き出し計算後の情報をもとに、電話で和解交渉をします。
ここでのポイントとして、交渉と名の付くとおり、アコムが相手によって出方を変えてくるということを知っておきましょう。

 

専門家による代行ではなく利用者本人が交渉に乗り出す場合は、より少ない金額の返済を提案してきます。
どのように交渉するかによって結果は変わってきますが、交渉内容に納得できずに和解に至らなかった場合や、最初から満額の返還を求める場合は、
弁護士の力を借りながら前述の「訴訟」パターンによる手続きが必要になってくるでしょう。

 

B和解成立
和解成立にこぎつけることができれば、アコムから和解書が届きます。
実際の返還の時期は交渉開始から平均として半年前後ですが、「金額が少なくてもいいからスピード重視」「遅くなってもいいからより多くの金額を」など
この変換の時期も交渉材料として使われることがあるため、パターンはさまざまです。

 

 

専門家に頼った方が良い場合もある

 

報酬を支払うことを気にしたり、悪徳弁護士に騙されることへの不安がよぎったりして、自分での過払い金請求を考える方は多いでしょう。
しかし、必ずしもそれが正解とは限らないということは、念頭に置いておきましょう。

 

交渉力という点で、私たち一般人は当然、専門家には劣ります。
いたずらに労力と時間を浪費した挙句に交渉が決裂し、結局は弁護士に相談して訴訟までもつれこむぐらいなら、
最初から弁護士に交渉を任せてしまった方が時間や費用の節約になることもあるのです。

 

特に過払い金が多額の場合は交渉失敗によるリスクも大きくなるため、素人だけでの手続きは危険であるとも考えられます。

 

開示されている実績から判断したり、無料相談を利用したりするなどして、自分に合った方法を吟味するようにしましょう。

 

アコム審査・在籍確認のトップページへ戻る